電話受信サービス(インバウンド)

お客様からの電話が集中しても、慌てず順に対応。電話放送局のクラウド型IVRは、電話に関するあらゆる業務を最適化します。

お客様からの電話が集中しても、慌てず順に対応電話放送局のクラウド型IVR(自動音声応答サービス)は、電話に関するあらゆる業務を最適化します。

POINT 01 5,000回線以上の「ロボット」が貴社の電話業務を代行
5000回線以上

大阪、東京など電話放送局は全国3ヶ所に拠点を設け、5,000回線以上のスケールでIVRによる電話応対をしています。電話受信が集中する時であっても豊富な回線が順次着信することにより、「シャッターを閉じたお店」を「番号札を渡すお店」に変えます。この回線は今後1万回線まで増設の予定となっており、大切な電話を逃さない圧倒的なスケールメリットをご提供します。

POINT 02 24時間365日、休まない電話業務
365日24時間

自動音声による応答サービスは24時間365日休みなく稼働しており、特に夜間や休日などの電話対応に威力を発揮します。オペレーターの負担軽減や慢性的な人材不足への貢献を通じて、人的リソースの問題を電話放送局が解決します。

POINT 03 オペレーターの肉体的、精神的な負担を軽減
オペレーターの負担を軽減

IVRは着信した電話の中で「必要な情報」だけを効率良く記録します。機械的な対応で十分な電話対応では「必要な情報」だけを的確に記録し、本来オペレーターが対応すべき「臨機応変さが求められる対応」に専念できる環境を実現します。

電話受信サービス ラインアップ

自動受付

お客様からの電話をIVRが受信、対応を自動化するサービスです。オペレーターが不在の時間帯であっても24時間、365日いつでも受信できるためお客様満足度を高めつつ人的な負担を軽減することが可能です。

詳しくはこちら

あふれ呼受付サービス

特定の時間帯やタイミングにお客様からのコールが集中してしまうと発生してしまうのが「通話中(あふれ呼)」や「鳴りっぱなし(放棄呼)」です。これらはお客様満足度の低下を招き、大切な電話に出られなかったことによるビジネス機会損失にもつながります。電話放送局(DHK)の「あふれ呼受付サービス」は、IVRと大量回線により、お客様からの電話に対してコールバック予約受付を行い、コールの集中が終わった時点から順次コールバックできる環境をご提供いたします。

詳しくはこちら

CSアンケート

お客様の意向や満足度などを調査する手段はさまざまですが、電話放送局(DHK)は、IVRを活用し音声による情報収集に着目しています。自動応答だからこそできる率直な意見の収集を、貴社のサービス向上や商品開発にお役立てください。

詳しくはこちら

主な利用用途

セキュリティ対策に
受注業務に
調査業務に
サービス案内に