SMS送信・活用サービス

空電API

企業様ですでに利用されている業務システムをそのまま使用しながら、そこにSMS送信機能を追加したいというご要望にお応えするサービスです。

すでに貴社の業務システムをお客様対応に利用されている場合、低コストでSMS送信機能を組み込むことができます。

貴社のコールシステムやセンターシステムにSMS送信機能を追加

貴社のコールシステムやセンターシステムにSMS送信機能を追加

すでに自社のコールシステムやセンターシステムを運用されている企業様にとって、SMSが持つ開封率の高さや伝達性の高さは魅力的です。そのSMS送信機能を自社システムを運用しながら追加したいというご要望にお応えするのが、電話放送局(DHK)の空電APIです。
貴社のシステムと電話放送局の空電APIをAPI接続し、貴社システムからの操作でSMS送信が可能になります。

SMSだからできるアプローチで貴社のビジネスを応援

SMSだからできるアプローチで貴社のビジネスを応援

住所やメールアドレスの変更などで連絡が途絶えてしまったお客様であっても、電話番号が変わっていなければSMSをお届けしてコミュニケーションを維持することができます。また、予約のリマインドや商品お届けご案内、順番待ちシステムからのお呼び出しなど用途はとても広く、SMSが持つ高いポテンシャルで貴社のビジネスを応援いたします。

電話放送局のIVR導入で実現
  • 既存のシステムを利用しながらSMS送信機能のメリットを追加できます。
  • 高い開封率により確実にメッセージをお届けできます。
  • リマインドや確認メッセージの送信によりロスを軽減します。
  • 電話番号がわかればSMS送信が可能なのでお客様とのコミュニケーションを維持できます。
  • 電話番号に送信するため、なりすまし行為のリスクを軽減します。

空電APIのしくみ

SMS送信を行うAPIを利用して、自社のシステムからSMSを送信。

空電APIのサービスフロー

主な機能

  • 01
    自社が所有するシステムやアプリケーションに、SMS送信機能を組み込むことができます。
  • 02
    コールセンターシステムなど、現在電話番号を保有しているシステムからSMS送信機能のリクエストが可能です。
  • 03
    個体識別が難しいスマートフォンの実在性確認を、申告電話番号に届いたSMSメッセージ内容を確かめることで実現可能です。

オプションおよびカスタマイズ例

機能 仕様
最大文字数 70~660文字 ※1
送達確認
携帯キャリア自動判定機能
国内全キャリア対応
番号ポータビリティ対応
誤送信防止(オプション)
携帯キャリアと直接送信契約を締結
タイマー機能 ※テレコールSMSは、連携可能
本文差し込み機能 ※テレコールSMSは、連携可能
送信除外リスト機能
送信元固定機能
IVR連携機能 ※テレコールSMSは、連携可能

※各機能に関する詳細はお問い合わせください。

※1:キャリアによって異なります。
※キャリアサービス使用にともなう工事費・月額使用料・通話料などは別途発生します。
※IVRや他の仕組みとの連携は別途費用が発生します。
※貴社のニーズに最適な仕様をご提案いたします。
詳しくは当社営業担当にお問い合わせください。

料金

初期費用:10万円~
月額費用:月額基本料金2万円 SMS送信費用(従量料金):1通 18円

主な利用用途