オートコールサービス

お客様へ 「SMS(ショートメッセージサービス)」の電話版をお届けします
低コストで導入可能な自動音声応答サービス

声のダイレクトメッセージ DHKオートコールサービス 声のダイレクトメッセージ DHKオートコールサービス

オートコールとは?

オートコールとは、声によるダイレクトメッセージです。

必要なとき、必要な情報を、まっすぐにお客様の耳元へ明快な「声」でお届けする「自動発信サービス」は、大量発信が可能なためDMやEメールにかわるキャンペーンの販促ツールとして、
また営業後のフォローコールにもご活用いただいています。

販促ツールごとの完了率表。高い完了率もオートコールの特長です

オートコールのメリット

すべての電話業務をオペレーターが行うのではなく、案内の内容によってオートコールサービスを活用することで、より効果的で効率的な電話対応が実現することができます。

オペレーターとDHKオートコールの比較表

オートコールなら
運用費用もコストダウン

オペレーター費用、
DMハガキ費用などに比べると
50 % 以上のコスト削減が実現できます。

DMハガキ・DM封筒と声のDMの比較表

DHKオートコールサービスの特長

アイコン

短時間で大量発信

毎時5000回以上

DHKセンターの多量の回線リソースを用いて毎時5,000回以上のコールを実現しました。在宅率の高い時間帯に集中して効果的な発信が可能です。

アイコン

低コストで導入可能

業界トップクラス低価格

クラウドサービスを利用したIVR(自動音声応答)分野のリーディングカンパニーとしての経験・実績をもとに、業界トップクラスの低価格を実現しました。

アイコン

カスタマイズ可能

既存システムと連携可能

お客様既存の「基幹システム」や「WEBサービス」との連携も可能。柔軟なカスタマイズで新たなビジネスシーンを創出します。

アイコン

音声合成機能

リアルタイムに読み上げ可能

再生する音声をリアルタイムにテキストからの読み上げが可能です。(別途費用が必要となります)

アイコン

音声認識機能

音声回答可能

設問に対する回答をプッシュ操作ではなく音声で回答することも可能です。(別途費用が必要となります)

アイコン

豊富な実績

多用途で導入

特に外部連携を必要としたオートコールの分野においては多用途で導入実績がございます。

こんな用途で便利にご利用いただけます

入金案内コール

期日になっても未入金のお客様に、
自動音声応答でお支払い確認のご連絡が可能です。
人が案内する場合にくらべて
トラブルや苦情も軽減できます。

フォローコール

DMやご案内を発送をしたあとのフォローコールを
自動音声応答で行うことが可能です。
DMなどの開封率がアップし、
効果を最大限に発揮できるようになります。

アンケート調査

顧客満足度調査や世論調査などの
アンケート調査を効率よく行うことができます。
大量発信により、
数多くの調査サンプルを短期間で取得可能です。

見守り

高齢者の方へ健康状態の確認を、
電話で行なうことが可能です。
任意の日時でスケジューリング発信を行い、
確実に確認を行なうことができます。

アポイントの確認

訪問アポイントの予約確認を事前に行い、
訪問時の不在率を低減することが可能です。
不在を避けることで、
効果的な訪問スケジュールも構築可能となります。

書類返送依頼

必要な書類の返送依頼や
住所確認を自動音声応答で行うことが可能です。
書類の到着遅延を未然に防ぐことで、
業務の効率化をはかることができます。

DHKオートコールはさまざまなシーンでご活用いただけます。

セキュリティ対策に

調査業務に

セキュリティ対策に

サービス案内に

オートコール導入事例

事例1 販売促進オートコール 導入事例

サービスや商品の販売促進を目的としてオートコールを活用された事例です。

ポイントカード会社様 契約見込客(クレジットカード申し込み)発掘コール
導入効果
  • ポイントカード会員へのクレジットカード切替促進案内。契約された場合にはポイント付与が行われることを通知。
  • 月間10,000件発信 接続率 65% 申し込み意志率 4%
  • オートコール由来によるクレーム件数はゼロ件。架電拒否件数率 0.02% 
※架電拒否の場合にはリストから削除。
年末商材(おせち)の食材販売会社様 割引キャンペーンの価格と締切のお知らせコール
導入効果
  • 購入者リストに対して早割予約の割引率をアナウンス⇒総数100,000件発信 接続率 80%
  • 発信した対象顧客から 約1億円の売上金額UP
  • オートコールでの発信コスト 月間140万円 購入率12%から購入率18%へと1.5倍の購入率上昇。
食材宅配会社様 未購入会員への定期会員引き上げ化コール
導入効果
  • 8週間未購入会員に対して食材カタログ送付有無のアナウンス。
    ⇒月間1,300件発信 応答率75% 送付意志率 2.6%
  • 有効な送付意志のある顧客に対して、その後有人にてアウトバウンドにて引き上げを実施。

事例2 督促オートコール 導入事例

返済金や代金の督促を目的としてオートコールを活用された事例です。

大手カード会社様 滞納者への督促と入金約束取得コール(200回線規模 専有環境)
導入効果
  • 機能概要:債権管理システムとの連携あり。本人確認の氏名再生には音声合成システムを提供。
  • 月間約30万コール程度の発信 接続率55~60% 入金約定率3.5~4%
  • 200人規模のコールセンターで約30人分のオペレーター稼動の自動化に成功。 
都市ガス会社様 ガス供給停止前の督促コール
導入効果
  • 未納1~2ヶ月目の契約者に対して事前にガス供給停止の注意勧告⇒月間10,000件発信 接続率57%
  • 供給停止時には職員訪問が必須、事前コールにて導入後は訪問数が15%削減。
  • 訪問員の訪問稼働コストが月間で約100万円分の削減になった。
宅配水会社様 未納者に対する入金督促
導入効果
  • 初期未入金者に対して入金をアナウンス⇒オペレーター稼働26.5時間が導入後3時間 時間コスト1/8に圧縮
  • オートコール由来によるクレームは発生せず。

事例3 予約リマインドオートコール 導入事例

店舗サービスや診療の予約確認を目的としてオートコールを活用された事例です。

飲食店ポータルサイトの運営会社様 飲食店向けに予約連絡通知のリマインドコール
概 要 店舗のウェブサイトに当日予約が入るとシステム連携にて自動発信し通知を行う。
導入背景 当日予約が通知されても、店舗側がWEBシステムで予約確認を行わずに機会損失が発生していたために導入。
件 数 全体の店舗契約数は50,000件 月間5,000件発信 接続率80%
車検予約システムの運営会社様 カーディーラー向けに見積予約連絡通知のリマインドコール
概 要 ウェブサイトに車検予約が入ると自動発信し通知を行う。
導入背景 WEB経由で車検予約が入ると、店舗にメール通知されるが気付かずに機会損失が発生していたために導入。
件 数 月間1,000件発信 接続率80%
クリニック予約システムの運営会社様 歯科医院向けに通院者の予約日時リマインドコール
概 要 予約者にシステム連携にて予約日時を自動発信し通知を行う。
導入背景 歯科予約は一般的に全体の15%が来院しないために、来院補助のシステムとして導入。
件 数 月間23,000件発信 接続率70% 予約のドタキャンはおよそ半数に減少した。

事例4 情報案内オートコール 導入事例

サービスに関する情報発信を目的としてオートコールを活用された事例です。

航空会社様 悪天候時の運航便の変更案内コール
概 要 悪天候による欠航や遅延の対象者あてに、登録便名を音声合成システムにて作成し取り消し・払い戻し・振替可能通知を行う。
導入背景 欠航や遅延の際にEメール未登録対象者へオペレーターにて有人発信を行っていたが、自動化のために導入。
件 数 月の欠航数により増減あり(ただし未登録の例外顧客のみなので月間100件以下) 接続率65%
新電力契約の事業会社様 契約完了後のサンキューコール
概 要 契約後の電力会社切替までの期間通知やマイページ登録の通知を行う。
導入背景 切替時期を失念するお客様向けに今後のお知らせを効率的に行うために導入。
件 数 月間5,000件発信 接続率58% ※今後はハガキやメールでの督促業務もオートコールへ切替を予定。
テレマーケティング会社様 オペレーター登録募集コール
概 要 勤務歴のある元契約社員に対し、自動発信にて登録募集を行う。
導入背景 新規登録希望者が少なく人員不足による稼働圧迫解消のため、休眠リストにアプローチを行いたい。
件 数 150件発信 有効回答数19名 採用3名 約1/6の採用コストで人材確保へつながるアプローチができた。

活用のご提案

総合病院向け 医療機関向け順番通知システム

  • 病院にご来院いただいた方に順番予約システムで順番を予約していただきます。その際にお客様の電話番号をお聞きします。
  • 待ちあいスペースから離れた場所にいるお客様に対してオートコールでご案内いたしますので、円滑な受付が可能になります。
  • また、お客様の順番が過ぎてしまうこともなくなり、院内感染防止にもつながります。
    医療機関向けのシステム会社様にとっては本システムの活用により、他社システムとの差別化をはかることも可能です。
 医療機関向け順番通知システム フロー図

緊急連絡通知

急なオペレーター欠員時の増員募集や台風・インフルエンザ等自宅待機案内、システムトラブル時の通知にも使えます。
サービス連携の例 / 一斉同報システム(緊急通知)・簡易安否確認システム(メール通知の補助機能として活用)

休眠顧客掘り起し

リストクリーニングを兼ねて動きのない顧客リストに対して、無料サンプルや新商品のご案内が可能になります。
サービス連携の例 / 各種通販受注システム・コールセンター向けCRMパッケージ

順番・完了通知

郊外型大型店で店外の車やウィンドウショッピングをしてお待ちいただいている方に順番が近づいていることをご案内します。
サービス連携の例 / 携帯ショップ、大型飲食店、旅行代理店などに設置されている発券機・各種医療機関向け診療予約システム、順番表示システム・顧客管理システム(コインランドリー完了通知など)

注文確認通知

WEBで受付したデリバリーサービスの注文受付の確認をWEBシステムと連携し、電話で各店舗に通知することが可能です。
サービス連携の例 / 各種宅配サービスのWEB予約システム(クリーニング、弁当、ビザや寿司などの出前)・各種飲食店のWEB予約システム(グルメサイト、会員向け予約サイト)

ご担当者様の声

「運用が簡単で、効果がバツグン!」「料金が明快でコストが安い」など、ありがたいお声を頂戴しています。

入金ご案内のケース A社 債権管理 ご担当者様

導入前
オートコール導入前の課題

これまで商品発送から約40日経過時点で入金がなければご案内のDMを発送していました。
「忘れていた」か「振込用紙を紛失した」というケースがほとんどです。
最終的には10回程度ご案内を発送していますが、2回目以降の効果は半減します。
オペレーターでご案内をしたいのですが、在宅率の良い時間帯はご注文の電話も多いため、人を割けないのが実情です。
こうした状態の中で、印刷コスト、郵送コスト、運用コストの見直しが切実な問題でした。

arrow
導入後
オートコール導入後の効果

「オートコールサービス」は運用が簡単で、料金も明確、コストが安いことから導入を決めました。
自社のフリーダイアル番号を通知できることや、必要最小限度の個人情報(電話番号のみ)をアップロードするだけでよいこもと魅力でした。
応答したぶんだけ課金というのも嬉しいですし、お客様のすステータスによって音声を使い分けられるのもいいですね。
導入後、従来と比較してコストが下がり、入金率がアップし、入金までの時間が短くなるなどの効果が出ています。

出荷ご案内のケース B社(大手通販会社) 通販事業部 ご担当者様

導入前
オートコール導入前の課題

通販事業として、納期が受注時に確定できない商品のキャンセル率や、出荷後の受け取り拒否、不在で納品できないケースを減らしたいというのが従来からの課題でした。
また、ご注文をいただいたお客様に、電話やFAX、ハガキによって出荷のお知らせをすることも高コストになり、商品が先に届くというケースもありました。

arrow
導入後
オートコール導入後の効果

そこで「オートコールサービス」の導入に踏み切りました。
運用が簡単で、タイムリーにご案内をすることが可能であることと、1か月間のみの試験運用が可能というのが導入の決め手になりました。
導入後は、出荷が確定した段階でお客様にご案内ができるために、キャンセル率が減りました。
また出荷時期に関する問い合わせも減りました。運用コストは確実に下がっています。

申込み内容確認のケース C某ISP社 新規獲得アウトバウンドコールセンター ご担当者様

導入前
オートコール導入前の課題

アウトバウンドコールで新規獲得した見込み顧客に対して申込み内容の確認や重要事項の説明を獲得した担当者とは違う担当者がお客様に電話して説明や確認をする業務があります。

arrow
導入後
オートコール導入後の効果

この業務の一部をオートコールに置き換えることに成功しました。
同意の際にプッシュ操作していただくことにより、同意エビデンスとして活用したり、同意いただけない方に対しては、再度ご説明するなどのフォローが可能になりました。
大幅なコスト削減と苦情や解約の防止にも役だっています。

よくある質問

質問電話放送局のオートコールは他社と比較してどこが違うの?

主な特長は次の点です。

  • 回線数(共用型92回線)で発信するため、大量発信が可能です。
    ※従量課金の発生しない専有型も大型案件であれば提供可能です。
  • 音声合成(数値の読み上げ)、コールフローの分岐設定、音声録音、設問数の増減、音声認識(発話による設問回答)などのカスタマイズが可能です。※別途費用が必要です。
  • 基幹システムやWEBサービスとAPI連携が可能です。
  • クラウドサービスのため、使いたいときに使いたいだけ使えます。
    ※最低一ヶ月からご利用いただけます。
  • 発信ボリュームに応じてディスカウント(月間有効発信件数3万件以上)を行います。
  • 簡単な操作で発信結果をWEB上からダウンロード可能です。
  • 豊富な実績で業種や用途にあわせた導入前、導入後のサポートをします。
    音声はご要望に応じてプロのナレーターでの収録も可能です。
  • 貴社または当社のフリーダイアルやフリーコール、ナビダイヤルの番号を表示して発信いたします。
  • プライバシーマーク取得、サーバー冗長化で安定稼働、セキュリティー対策など、
    高い安全性を誇っています。
質問システムを購入することで、オートコールをもっと安く提供している会社もありますが…

短期の場合はクラウド型のほうが安価で気軽です。

オートコールにはシステムを購入するパターンと当社のように月額費用で使用するパターンがあります。
購入するパターンは長期的に見ると安価になる場合もあります。
なぜなら、システムを購入した後は、貴社の負担は通信料や電話回線、ハードウェアの維持費用や保守費用だけだからです。
しかし、購入した場合、コンスタントに毎月発信する場合はいいのですが、
使用頻度が低い場合はDHKクラウドの方が結果的に安くなる場合もよくあります。
購入したのはよいが、どのように運用してよいのかわからないというケースもよくあるようです。
仮に8回線構成で初期費用100万円の場合でも、通信費用は実費で発生いたします。
その場合、当社と比較して約8万件以上が応答してはじめて元をとれます。
また、リプレースの必要が生じる場合もあり、相当な規模で長期に渡って発信業務を実施しない限りは クラウド型の方が安価で気軽だといえます。
よく比較検討したうえで導入することをお勧めします。 他社のオートコールを導入する場合でも、
まず当社のサービスで効果を検証してからでも遅くないと思います。

質問結果の出るコールスクリプトを相談したい

成功事例、失敗事例をもとに当社ノウハウをご提案します。

オートコールはただ発信すれば誰もが同じ効果を得られるわけではございません。
適用業務にあわせて設計されたスクリプトでなければ失敗します。
これまで当社で導入した企業様の成功事例、失敗事例をもとに貴社の実現したい業務用に最適化されたオートコール活用案を当社ノウハウをもとにご提案いたします。

質問苦情が心配

オペレーターによる発信でも苦情は発生します。

当然オートコールでも苦情はゼロではございません。
しかし、これまで導入した企業様からのヒアリングでは苦情の内容は
オペレーターで発信した場合とは異なり、軽度であるとのことです。
オートコールの方が、苦情が発生しにくい業務、発生しやすい業務があります。
この点についても当社ノウハウをもとにご提案いたします。

サービスラインナップ

お客様の用途にあわせて、柔軟なサービスをご提供します。

  • 「オートコール」は、音声応答システムを用いて「声」によるご案内やフォローコールを行うサービスです。
  • オペレーターやDMハガキよりも低コストで実施でき、販促コストを削減することができます。
  • キャラクターや職員の声などを使うことによって、臨場感あふれる効果的な情報発信ができます。
  • お客様のニーズや応答率などがポータルサイトで確認でき、即座に営業活動に反映することができます。

素早く導入するなら! GUIオートコール

ブラウザで操作可能な管理画面をご提供します。
簡単な操作でリストや音声アップロード、発信予約、発信結果ダウンロードなどが可能です。

GUIオートコール サービスフロー

運用を自動化するなら! APIオートコール

GUI版の作業をすべて自動化。GUI版では難しい細部設定が可能。
例えば顧客1人単位で発信時間帯、音声、フロー設問などを設定できます。

APIオートコール サービスフロー
  • FTPS連携なども可能。詳しくはお問い合わせください。

DHKオートコール データ報告画面サンプル

発信した情報内容や発信結果などをタイムリーに画面でチェックし、効果アップに役立てることができます。

発信リスト登録
発信する情報の
リストを作成します。
発信リスト登録 画面イメージ
発信リスト確認
(詳細)

発信した情報が
お客様に
確実に伝わったか
確認できます。
発信リスト確認(詳細)画面イメージ
メッセージ
現在利用可能な
メッセージの一覧が
表示されます。
登録済みの音声には
「再生」が表示されます。
メッセージ画面
メッセージ編集
各項目を設定し
「更新」ボタンを
クリックします。
メッセージ編集画面

かんたんに確認できる 試聴はコチラ

すべての電話業務をオペレーターが行うのではなく、案内の内容によってオートコールサービスを活用することで、より効果的で効率的な電話対応が実現することができます。

0120-595-123 ガイダンスにしたがって「4#」をプッシュ
声のショールーム(デモ試聴) 声のショールーム(デモ試聴)

料金プラン

初期費用50000円 月額基本料金50000円/月 1000件を超える従量課金:固定電話21・携帯電話32円

オートコールを利用した督促業務支援

未入金などの督促業務の回収率アップとコストダウンを実現!

期日になっても未入金のお客様に対して、お支払いの督促を自動電話で行うオートコールサービス。
さらにSMSでも督促メッセージを送信します。

督促業務支援サービスはこちら