督促業務支援サービス

未入金などの督促業務の 回収率アップ・コストダウン実現
IVR とSMSによる督促サービス

未入金などの督促業務をIVRとSMSで効率化 回収率アップとコストダウンを実現 未入金などの督促業務をIVRとSMSで効率化 回収率アップとコストダウンを実現

オートコール+SMS送信を活用した3つの機能で督促業務を効率化します

1:未入金率の高いお客様への自動音声案内
ご入金をお忘れになりやすいお客様のリストを抽出し、設定した日時に設定した音声パターンでの一斉配信が可能です。
2:入金日を過ぎてからの自動督促案内
入金日以降の督促連絡を自動音声で行います。人が行う督促案内に比べて心理的な抵抗感が低く、苦情・トラブルにつながりにくくなります。
3:SMSでの督促メッセージ送信
督促のレベルや対象にあわせて、SMSでの督促メッセージを送信可能です。
開封率の高いSMS利用によって督促のコンタクト率も上昇します。

こんなことでお困りではありませんか?

高い離職率。業務の特性から離職率が高く人材確保が難しい
低いコンタクト率。電話で案内する時つながらない場合が多い。
苦情の発生。オペレーターの対応によって苦情になるケースがある。
郵便物が返送される。住所変更などによって郵便物が届かないことがある。
個人情報の漏洩リスク。情報保護のためスタッフのコンプライアンス徹底・教育にコストがかかる。
低い回収率。回収できなかった場合は債権回収会社へ。
未入金額に対して、印刷、郵送、管理、人件費などの膨大な業務量を運用コストがかかる。
DHKのオートコール+SMS送信なら、「回収率アップ」と「コストダウン」を同時に実現できます。

ご活用例

導入前・導入後のフロー比較

サービス構築例

貴社に登録している電話番号に応じて最適な方法で督促案内を自動発信します。

一般電話番号に対しては「オートコール(自動電話発信)」携帯電話番号に対しては「SMS送信」など、督促のレベルや督促対象の属性にあわせて使い分けることが可能です。

督促業務支援サービスフロー

督促コール例

建物管理会社のコールフロー
在宅率の良い時間帯に集中して発信した最終結果です。
折り返し電話依頼パターンのフロー

※本音声は音声合成で作成 ナレーターの声も対応可能

導入事例

導入前

  • 督促電話は自社の契約社員で対応していた。
  • 業務の特性上、本業務の職務を担当していた
    契約社員の離職率が高かった。
  • 求人広告媒体費用や新人研修などのコストが
    負担になっていた。
  • コンタクトのとれやすい時間帯に集中して発信していたが、
    限界があり、コンタクト率はあまり高くなかった。
    (※コンタクト率30%前後で推移。)
  • 電話したスタッフの話し方次第で苦情になることもあった。
  • 人員のシフト管理、業務管理が複雑化していた。

導入後

  • 折衝が必要な分のみ契約社員、社員で対応することになった。
  • 契約社員の数を減らすことに成功した。
    また離職率も低下した。
  • 印刷、郵送コストも減少した。
  • つながるまで何度も発信することが可能なので、
    コンタクト率も高くなった。
    (※最終コンタクト率60%前後で推移。)
  • 苦情を想定していたが、想定していた程なかった。
  • 人で電話するときよりも大きな苦情は少なくなった。
  • 運用がシンプルになり、業務管理が容易になった。

よくある質問

本人確認をすることは可能ですか?
可能です。カスタマイズが必要になります。
詳細はお問い合わせください。
オートコールでお客様が特定の操作をした場合のみコールセンターに転送することは可能ですか?
可能です。カスタマイズが必要になります。
詳細はお問い合わせください。
どのような業界の督促に活用できますか?具体的な他社事例を知りたいです。
さまざまな業界で利用されています。
当社営業担当からご案内いたします。
金融やカード業界での事例はありますか?
詳細はお問い合わせください。

料金プラン

オートコール
初期費用50000円 月額基本料金50000円 1000応答を超える従量課金:固定電話21円 携帯電話32円
※月額基本料金には月間コール数1,000応答までが含まれております。
※通話料込み(固定電話3分、携帯電話1分)
※応答件数が月間30,000件以上の場合はボリュームディスカウント
※API連携に関しましては別途ご相談ください。
※初期費用に800文字までの収録費用は含まれております。 オートコールについてさらに詳しく見る
SMS送信
初期費用100000円 月額基本料金20000円 従量課金:1件18円(ボリュームディスカウント有)
※キャリアサービス使用にともなう工事費・月額使用料・通話料等は
 別途発生します。
※IVRや他の仕組みとの連携は別途費用が発生します。
※貴社のニーズに最適な仕様をご提案いたします。
 詳しくは弊社営業担当にお問い合わせください。 SMS送信についてさらに詳しく見る