電話受信サービス(インバウンド)

あふれ呼(放棄呼)対応をしたい

あふれ呼(放棄呼)対応をしたい

コール集中時、お客様からのお電話が「あふれ呼」になるとコールバックの予約を自動的にご案内します。

よくある問題点

お客様からの電話が回線混雑でつながらず、通話中(ビジーによるあふれ呼)や鳴りっぱなし(放棄呼)状態になっていることがよくあります。

01 あふれ呼や放棄呼は、つながらないお客様の大きなストレスとなり、せっかくの受注機会を失うことになります。
02 電話がつながらない場合、「しばらく時間を置いておかけ直しください」のアナウンスは、お客様のストレスの要因になります。
DHKのIVRなら

お客様のストレス解消とともに
ビジネスチャンスをのがさす、受注が増加します。

企業

あふれ呼や放棄呼など、お客様からのコールをIVRセンターで受付をし、自動ガイダンスによりお客様のコールバック予約受付を行います。
お客様が「折り返し希望」を簡単予約できるDHKクラウドサービスで、ビジネスチャンスをのがさず受注の増加ももたらされます。

顧客

電話がつながらない場合、「折り返し希望」を簡単に予約できます。
電話がつながらないことや、「しばらく時間を置いておかけ直しください」のアナウンスにはイライラしますが、折り返しすぐに電話をかけてくれるのでストレスが解消されます。
かけた電話にそのまま「折り返し希望」をする場合は、電話番号の入力の必要はありません。
別の番号にかけ直してほしい場合、あるいは非通知送信など番号を確認できない場合は番号をプッシュしていただきます。

DHKのIVRなら

IVRによる「あふれ呼」対策で、機会損失を防ぎ、顧客満足度を高めます。

今まで対応できなかった電話も、あふれ呼コールバック予約サービスを使えば安心です。
データはWEBブラウザからリアルタイムにダウンロードできますので、お客様へのコールバックもスピーディに対応できます。

自動受付のしくみ

あふれ呼(放棄呼)対応フロー

音声ガイダンスの流れ

お客様は自動音声ガイダンスにしたがってプッシュします。

音声ガイダンスの流れ