電話受信サービス(アウトバウンド)

ホーム > 電話受信サービス(アウトバウンド)> 声のDM > 資料送付後のフォローコールをしたい

資料送付後のフォローコールをしたい

DM送付後のフォローコールによって開封率がアップし、
受注の増加がもたらされます。

DM送付後のフォローコールによって開封率がアップし、受注の増加がもたらされます。
DMの効果を上げるために送付後にフォローコールをしたいが、人が掛けるのはコストがかかりすぎます。
  • DM送付後のフォローコールが効果的なのは分かっているが、コストがかかりすぎるので諦めているケースがよくあります。
  • お客様の在宅率の高い時間帯に集中して掛けるのは困難です。
IVRなら!!
フォローコールでDM開封率が上がり受注が増加!
企業

DMを送ったあとにフォローコールをすると開封率が上がりDMの効果がアップします。
IVRなら人が掛ける場合の5分の1以下の費用でフォローコールが可能で、開封率80%以上の実績を示しています。
1時間に5,000コール以上、効果的な時間に集中して掛けることができます。再コールも自動設定できます。
一方的にメッセージを流すだけではなく、お客様の意向を収集することもできます。

顧客

フォローコールによって、あらためて興味と関心を持ってDMの内容を確認できます。
会社に対して質問や意向を伝えることもできます。

IVRなら!!
企業と顧客の双方にメリットをもたらします。

このように、企業とお客様の双方にうれしいメリットがあります。少ない費用で多くの人に効果的にメッセージを届けることができます。休眠顧客に対してのアプローチにも効果的です。

フォローコールのしくみ

フォローコールのしくみ

音声ガイダンスの流れ

お客様の意向を収集することもできます。
音声ガイダンスの流れ
アミ罫

資料送付後のフォローコールについてもっと詳しく知りたい方に

声のDMサービス デモ視聴
資料請求 お問い合わせ
ページの先頭に戻るページの先頭に戻る