電話受信サービス(インバウンド)

アンケート調査をしたい

  • インバウンド
  • アウトバウンド
タブ

お客様の声を自動音声応答(IVR)システムで
リアルタイムにキャッチできます。

お客様の声を自動音声応答(IVR)システムでリアルタイムにキャッチできます。
お客様の声をリアルタイムでキャッチしたいがコストがかかりすぎる。
  • VOC(voice of customer)=「お客様の声」を集約して、お客さまニーズ改善や新商品開発に
    活かしたいが、アンケート調査にはコストがかかります。
  • 商品モニター調査や、製薬会社の治験日誌登録など、コストがかかり業務効率が悪い。
IVRなら!!
お客様の声をリアルタイムにキャッチ!!

紙媒体よりもコストが大幅に削減できます。

企業

紙媒体で実施していた際の印刷コストやデータ入力などの人件費のコストが削減できます。
リアルタイムにデータ化できるため、業務の効率が向上します。

顧客

アンケート形式により、音声ガイダンスに従って、電話のプッシュ操作で回答するだけなので、答えやすい。

IVRなら!!
企業と顧客の双方にメリットをもたらします。

このように、企業とお客様の双方にうれしいメリットがあります。

音声ガイダンスの流れ

アンケート形式により、お客様にプッシュ操作で回答していただきます。
音声ガイダンスの流れ

導入事例―その@

キャンペーン受付におけるアンケート調査の例
商品マーケティング調査に活用したい。

商品購入キャンペーン受付の際、お客様の情報や購入目的などをアンケートとして回答していただくことにより、商品マーケティング調査に活用したい。

調査結果をスピーディにマーケティングに活用!

お客様の商品購入動向などの情報がリアルタイムにキャッチでき、調査結果を商品開発や販促マーケティングに活用することができました。

導入事例―そのA

製薬会社様における治験日誌登録の例
治験登録を紙媒体を使わずに実施したい。

治験対象者(高年齢者)の治験登録を、電話による質問形式の登録により実施したい。

業務コストの削減と効率アップが実現

これまでは「治験日誌」(紙媒体)を事務局に発送し、その紙媒体をデータ化して分析していました。
IVRを利用することにより、リアルタイムにデータ化でき、データ入力などの業務コストの削減と効率アップがもたらされました。


アミ罫

アウトバウンドアンケート調査サービスを見る

アウトバウンドアンケートサービスを見る

アミ罫

アンケート調査についてもっと詳しく知りたい方に

自動受付サービス デモ視聴
資料請求 お問い合わせ
ページの先頭に戻るページの先頭に戻る